スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

L'annonciation / Mylène Farmer



  受胎告知

 彼は私の 寝床を侵した
 音も立てずに
 夜を掻き乱す事さえせずに
 私を彼は 寝床と定めた
 少しの雨と、ふたつの叫びの合間の空白
 子宮で私は 彼を呪った
 この聖霊という輩(もの)を

 一粒の涙 震え 今こそ
 苦しみの鐘が うち鳴り響き
 ただその時だけ 人は感じる
 自分の心が
 露わにされ 血を腫(はら)み死ぬのを
 天使は幸福(さいわい) 信じ込ませて
 私へと それを仕掛けた

 そう 神様は 本当にいる
 そして 私を 不幸にさせる
 そう 神様は 悲しんでいる
 私の 胎内(なか)で
 生まれ、死ぬ事

 彼は私の 寝床を抜け出た
 逃げ去るように
 生を狂わせる事さえなしに
 ひとつの「石(カイヨ)」が 私を裏切り
 叫びも上げず
 私のための 命は終わった
 私の救世主(メシア)
 私の赤ちゃん
 あなたなしで 私は死ぬ

 そう 神様は 本当にいる
 そして 私を 不幸にさせる
 そう 神様は 悲しんでいる
 私の 胎内(なか)で
 生まれ、死ぬ事

 そう 神様は 本当にいる
 そして 私を 不幸にさせる
 そう 神様は 悲しんでいる
 私の 胎内(なか)で
 生まれ、死ぬ事

         (2004 年 5 月 訳了)


関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fairelabombe.blog.fc2.com/tb.php/80-60b6758f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。