スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Rêver / Mylène Farmer 解説(1)



訳詞 + 原文を新しいウィンドウで開く

1.「壁」と「彼」について

 <2番Aメロ前半の歌詞原文と筆者訳>
 À quoi bon abattre des murs
 Pour y dresser des sépultures
 À force d'ignorer la tolérance
 Nous ne marcherons plus ensemble
 何になるのです? 壁を崩壊させても
 そこに新しい墓地を 築くだけなら
 許し合い認め合う事を 忘れたままで
 私たちはもう 一緒には行きません

 <サビ前半の歌詞原文と筆者訳>
 J'ai rêvé qu'on pouvait s'aimer
 Au souffle du vent
 S'élevait l'âme, l'humanité
 Son manteau de sang
 私は夢見ていました 人は皆 愛し合えると
 ほんの少し風が 吹きさえすれば
 高められるはずでした 魂は、人間性は
 なのに彼のマントは 血まみれです

1992 年のシングル Que mon coeur lâche 以降、ミレーヌファルメールは現実の社会問題に題材を取った曲を、しばしば発表するようになります。

この歌もそのひとつ。モチーフになったのは、3rd アルバム L'autre リリースの翌年に始まり、本作を収録した 4th アルバム Anamorphosée リリースの、まさにその年に終結した、20万人の死者、200万人の難民・避難民が発生したボスニア・ヘルツェゴビナ紛争 (1992-1995) です。

2番に登場する À quoi bon abattre des murs / Pour y dresser des sépultures(直訳:そこに幾つも墓を建てるために、壁を壊して何になるのか?) の「壁」は、もちろん「ベルリンの壁」ですね。1989 年のこの壁の崩壊は、東西の冷戦終結の象徴でした。


(ベルリンの壁の崩壊)

ところがそれだけでは、この歌の「私」が夢見ていたような、「人は皆 愛し合える」世界は訪れなかったのです。皮肉にも、それまで旧体制によって抑え込まれていた民族紛争が旧社会主義諸国で深刻化し、新たな紛争が始まってしまったのですから…。

特にその傾向が顕著だったのは、ユーゴ内戦、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、そして後のコソボ紛争の舞台となった、旧ユーゴスラビア連邦の国々でした。元々、文化的経済的背景の異なる複数の民族で構成されていたこの連邦は、旧体制の崩壊後、"民族浄化運動" と呼ばれる、異民族を根絶しようとする動きが盛んになったのです。

歌詞に何度も登場する「彼」は、こうした旧社会主義国家を擬人化したものなのでしょう。son manteau de sang (彼の血のマント)というフレーズがあるところを見ると、この「彼」は、社会主義革命の象徴的人物だったレーニンを指しているのかも知れません。かつて東欧諸国には、社会主義革命の象徴としてレーニン像が置かれており、それらの多くが、マントを身に着けていたからです。


(マントを着けたレーニン像)

もちろんここは、特定の人物を当てはめず、「国家」そのものを「彼」と考える事も可能です。その場合、「血のマント」とは「たくさんの人々の血が流された大地」という解釈になるでしょうか?何しろ「国家」を意味するフランス語は、pays(地域としての国家) にしろ、état(制度としての国家) にしろ 、男性名詞ですからね。

えっ?女性名詞の nation も「国家」を意味するフランス語じゃないのかって?

はい、それはもちろんそうなんですが、この歌の場合は絶対に「彼女」ではマズイんです。nation は「民族国家」の意味合いが強いので、"民族" 浄化運動の火に油を注ぐことになっちゃいますからね…。(^^;


(サラエボ 民族浄化運動の犠牲者の墓)


関連記事
スポンサーサイト

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.14 23:22
丼ちゃん
鍵コメ様

コメントありがとうございました。Filament de lune の頃から読んで下さっていたとの事で、とても嬉しく思っております。(^^)

事情により、しばらく更新が滞っておりますが、復活できるよう頑張りますので、また遊びに来てやってくださいませ。

リンクの件、もちろんOKです。こちらこそよろしくお願いします。m(_^_)m
2014.08.17 11:13

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fairelabombe.blog.fc2.com/tb.php/234-b6b2530f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。