Elle a dit / Mylène Farmer


Mylène Farmer - Elle A Dit par MyleneFarmerVEVO

  彼女は語った

 "愛する青年(アドニス)"が いなくても
 "恋の技巧(アーティフィス)"が なくても
 法も、神も なくても
 彼女は うまくやってる

 少しの ニヒリズムと
 少しの メランコリー
 時々 欲っするのは
 この世からの おさらば

 ベッドに 腰を下ろせば
 憂鬱(ブルー)が 陰鬱(グレイ)に混じる
 他の人とは 違った
 彼女の指向

 別に 選んではいない
 それでも、もし誰かから
 ありえないと 言われたら
 なすべき事は…

 徹底した 気配り
 倍ならば 減る悲哀
 彼女の 脳内には
 2つの 脳半球

 陽気(ゲー)でも 悲哀(トリスト)でも
 花火(アーティフィス)の お遊び
 愛することが できる
 どうすれば そうなれる?

 自分が 何処へ行くのか
 わからないという 恐怖
 私たちをこの地へと 置いたのは誰?

 心は あるべき向きに
 けれど 時は告げられた
 彼女は向けた 心を 逆方向へ

 彼女は語った 自分の愛を
 彼女は語った それからこうも 「世間の目は優しいはず」
「心ない噂、嘲笑などは 誰もが皆、避けてくれる」
 彼女は愛した その人生を
 そして、それが 魅力なのだ

 もし これまでの 人生を
 彼女が 記録したら
 その大半の 章は
 虚しい 記述だろう

 ごく ささいな 言葉にさえ
 慰めを 見いだして
 魂を 救うのは
 あまりにも 儚くて

 ベッドに 腰を下ろして
「不理解」を 彼女は見る
 でも、もう どうする事も できないでいる

 告白は したけれども
「愛する人は 女性」と
 自分が 縁の外れに いると感じる

 彼女は語った 自分の愛を
 彼女は語った それからこうも 「世間の目は優しいはず」
「心ない噂、嘲笑などは 誰もが皆、避けてくれる」
 彼女は愛した その人生を
 そして、それが 魅力なのだ

 彼女は語った 自分の愛を
 彼女は語った それからこうも 「世間の目は優しいはず」
「心ない噂、嘲笑などは 誰もが皆、避けてくれる」
 彼女は愛した その人生を
 そして、それが 魅力なのだ

         (2013 年 2 月 訳了)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fairelabombe.blog.fc2.com/tb.php/202-78c9a715