Love dance / Mylène Farmer 解説(2)


Mylène Farmer - Love Dance par MyleneFarmerVEVO

2.「エクボ」と「でんぐり返し」について

一方、2番の歌詞では、人体パーツのアップから一転、引き画像 (?) が連続します。

 Doux est le fou
 Des fossettes
 À genoux, ga...
 ...lipettes
 De la chance,

 愛らしい ひざまずいた
 エクボの
 マニア、幸…
 …運の 
 でんぐり返し、

まず登場するのは、「ひざまずいたエクボのマニア」。

「ああ、君のホッペのエクボは何て愛らしいんだ。僕はずっと見つめていたい」って、ジェントルな青年がひざまずく姿を想像したアナタ、とってもステキです…。

でも、今すぐ考えを改めてください。(^_^;)

ちょっと判りにくいので補足しますと、フランス語の「エクボ」(fossette) には、「小穴」という意味もあるのです。

つまり、この部分は、かつては KUWATABAND が、最近では Superfly が歌ったところの

♪割ーれった、パーツのマーニア~

と全く同じ、

♪すんげぇ、SKIPPED BEAT, SKIPPED BEAT, SKIPPED BEAT, SKIPPED BEAT

な意味だったのですよ。

で、そのマニアが何ゆえに、ひざまずいているかというと、続いて登場する「幸運のでんぐり返し」のため。これまた、意味がわからないかも知れませんね。

「ホホホホホ、私を捕まえてご覧なさい…。でも、この辺でチャンスを、あ・げ・る!」って、わざと砂浜でひっくり返ってる、白いドレスのお嬢さまを連想したアナタ、ナイスです…。

でも、やっぱり発想を切り替えてくださいな。(^_^;)

実は、フランス語圏の人々にとって galipette (でんぐり返し) という言葉は、basculer les pieds en air(でんぐり返しをする) という慣用句を連想させるのです。

ところがこの慣用句、とりわけ妙齢の女性を主語にした場合には、全く別のニュアンスになってしまうのですね。何たって、直訳は「両足を宙に上げてひっくり返る」なんですから…。

ちょうど Monkey me と同時期にアルバムをリリースした FUNKEY MONKEY BABYS の表現を借りるなら、

♪また大ーきく愛を開ぁいてー 見上ーげた空を抱(いだ)ーくように

ってカンジでしょうか?要はこれ、

♪Say! Joy! Say! Joy!

って事だったんですね。う~ん、「でんぐり返し」が、もたらす「幸運」って一体…。

そして、ここまで読んでも何の事かわからない人のために、ミレーヌファルメールは次のフレーズで2番のAメロを締めくくるのです。

 l'en...
 ...tre nous
 Est immense

 ふ…
 …たりの
 中間は巨大

さすがに、これは解説不要でしょう。

「ああ、ふたりは大きく堅い愛の絆で結ばれているのね」って、殿方に抱かれながら喜びにむせび泣く御婦人の姿を思い浮かべたアナタ、グッドです…。

でも、やっぱり…。あれれ?今回は、ある意味、間違ってないですね(笑)。(*^_^*;)

解説の続きへ 解説の最初へ 訳詞に戻る

関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fairelabombe.blog.fc2.com/tb.php/194-ea2102c8