Alice /Mylène Farmer 解説(1)



訳詞 + 原文を新しいウィンドウで開く

1.「アリス」と「蜘蛛(アレニエ)」について

 <Aメロ冒頭の歌詞原文と直訳>
 Mon Alice, Alice
 Araignée maltèque
 Mon Alice, malice
 Arachnée hightek
 私のアリス、アリス
 マルテックの蜘蛛
 私のアリス、悪戯
 ハイテクのアラクネ

 <Bメロ冒頭の歌詞原文と直訳>
 Dans ta boite
 Toutes tes pattes
 あなたの箱の中
 あなたのすべての脚

歌詞に malice (悪戯) と boite (箱) が登場するため、私はかねがね、「これって、 une boite à malice (ビックリ箱) の歌かなぁ…でもなんで、そんな子供っぽい題材を?」と、不思議に思っていました。

ところが、現在はなくなってしまった Rêver という海外サイトの解説によると、何とこれ、"ドラッグソング" なんだそうです!もう、ビックリ箱以上にビックリでした。思いきり大人向けの題材だったわけですね…(苦笑)。

確かに同時期の California や後の Serais-tu là? には、その種の表現が頻発していますから、ミレーヌに "そのものズバリ" の歌があったとしても、さほど不思議ではありません(もちろん、本人に実体験があるかどうかは別の話…)。

この曲に特有の気だるい歌唱法も、「いかにも」って感じですしね。

さらに、"ドラッグ" という観点から改めて読み直すと、この歌詞の一見シュールな幾つもの表現が、ことごとく必然性を帯びて見えてくるのです。

例えば、ミレーヌは何故 araignée (クモ) や arachnée (アラクネ。ギリシャ神話に登場する織物上手な娘の名。女神アテネに機織勝負を挑み、敗れてクモに変身させられる。ここではクモの異名)を主役に据え、Alice と名づけたのか?

実はミレーヌが、この曲を収録したアルバム Anamorphosée のリリース当時に移住していたアメリカでは、「クモ」つまり spider はヘロインの隠語としても使われているのです。

今は亡き Rêver の解説は、さらにこの単語が、数人で麻薬を鼻腔吸引する方法を指す事も指摘していました。「クモ」とは麻薬を入れた箱の一種で、吸引用の短いストローが何本も突き出しているのだそうです。

これがもし本当なら、「あなたの箱の中/あなたのすべての脚」の 「脚」は「ストロー」だって事になりますね。

残念ながら、このページ以外で「クモ」がそういう意味を表すとしている資料は今のところ見当たらず、ウラは取れていないのですが…。

これらの「クモ」が「アリス」と命名された理由について、Rêver は何も触れていませんでしたが、これはおそらく、ジェファーソン・エアプレインやビートルズなど、ドラッグソングの諸先輩と同じ発想なのでしょう。

ドラッグの幻覚作用はしばしば、ルイス・キャロルの「不思議の国」に喩えられるのです。

また、この名前と韻を踏む malice (悪戯)は、ちょっとした好奇心で麻薬に手を染めてしまった事の暗示なのかも知れません。

でも、そうすると…。

 <サビの歌詞原文と直訳>
 Comme tu me manques
 私にはあなたが何と不足している事でしょう

は、「あなたがいないと何て淋しいの」という一般的な意味じゃなくて、「あなたがいないと何て "苦しい" の」って事になっちゃいますね。(^_^;

さらに Rêver の解説は、この部分のミレーヌの歌い方に触れ、「絶妙な事に、comme (コム) と いう単語の発音は、came (カム)という別の単語との聞き間違いを誘発させかねない」と指摘していました。

言われてみれば、確かにそう聞こえなくもないんですが、この解釈を取るとアブナサは一気に倍増です。

だって、Came, tu me manques は、「コカインよ、あなたがいないと 苦しい」って意味なんですもん。おいおい、ヘロインだけじゃなかったんかい…。(^_^;;

解説の続きへ
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://fairelabombe.blog.fc2.com/tb.php/182-0ffcb1dd