スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Hôtel Normandy / Patricia Kaas(1993)



  ホテル・ノルマンディー

 もうじきヨットが 海にあふれて
 サマーセーターに 砂が舞い込み
 そうして風が、風が秋を告げ
 そうして時の、時の鐘が鳴る

 もうじき子どもが 浜に群がり
 灼けつく陽射しを 夕立ちが追い
 ふたりは過ぎた時を 懐かしみ
 年老いた犬 そっと撫でるのよ

 ふたりの愛へと 残されるのは
 夜明けの薄紫(モーヴ)に 染まった部屋と
 あなたが私にくれた ささやき
 ホテル・ノルマンディー
 ふたりの歴史に 刻まれるのは
 ロックのギターと 黒いピアノと
 幻影の中の デヴィッド・ボウイ
 ホテル・ノルマンディー

 いつか定番の リムジンに乗り
 ゴールドディスク 棚に並べても
 私は毎朝、散歩に出るわ
 防波堤へと 夜が明ける頃

 波はその時も 褪せぬ魔法で
 昔のままの 切なさを運ぶ
 そこには大人の 憂いがあるわね
 そうして時の、時の鐘が鳴る

 ふたりの愛へと 残されるのは
 夜明けの薄紫(モーヴ)に 染まった部屋と
 あなたが私にくれた ささやき
 ホテル・ノルマンディー
 ふたりの歴史に 刻まれるのは
 ロックのギターと 黒いピアノと
 幻影の中の デヴィッド・ボウイ
 ホテル・ノルマンディー

 ふたりの愛へと 残されるのは
 夜明けの薄紫(モーヴ)に 染まった部屋と
 あなたが私にくれた ささやき
 ホテル・ノルマンディー
 ふたりの歴史に 刻まれるのは
 ロックのギターと 黒いピアノと
 幻影の中の デヴィッド・ボウイ
 ホテル・ノルマンディー

         (2005 年 12 月 訳了)


スポンサーサイト

Il me dit que je suis belle / Patricia Kaas(1993)



  「綺麗だ」と、その人は言う

 時だって ウンザリしてる
 悪戯に 過ぎ去ることに
 一秒も もう行かないわ
 単調な 日々の中では

 傷ついて 心を閉ざし
 涙から 拒絶が生まれ
 悔しさが 不信に変わり
 あきらめを 覚えていても

 訪れる 暗い時刻は
 最後には 灯がともるのよ
 翳りしか 見えない日々も
 夢ならば 紡いでいいの

「綺麗だ」と、その人は言う
「君だけを 待っていたよ」と
「君なのさ」 その人は言う
「この僕が 腕に抱くのは」

 甘やかに 心が溶ける
 存在も しない言葉に
 永遠に 優しい彼の
 声だけが 耳に響くの

 他人(ひと)の目を 避け自分など
 今ここに いないフリした
 街を行く 人にまぎれて
 透明に なったみたいに

 目をそらす事を 覚えた
 愛しあう 人々の前
 避けてきた 寄りそい歩き
 熱いキス 交わす彼らを

 語りあう 夜は、ひとときは
 私には 二度となくても
 ささやかれ、頬を染めたい
 夢でなら 望んでいいの

「綺麗だ」と、その人は言う
「君だけを 待っていたよ」と
「君なのさ」 その人は言う
「この僕が 腕に抱くのは」

 子供でも 信じはしない
 ウソなのに、戯れ言なのに
 夜たちは 教会になる
 夢の中、信じているの

「綺麗だ」と、その人は言う…
 ほら彼が 今、駈けて来る
 彼の手が 私をさらう
 素敵だわ まるで映画ね

 裏切りや 悲しみなんて
 シナリオに 望みはしない
「女王さ」 その人は言う
 馬鹿だけど 信じてみるの
 馬鹿だけど 信じてみるの

         (2004 年 12 月 訳了)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。