スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Je t'aime moi non plus / Serge Gainsbourg & Jane Birkin



JE T'AIME MOI NON PLUS
ジュ・テーム モワ・ノン・プリュ

Je t'aime je t'aime
Oh oui je t'aime!
ジュ・テーム ジュ・テーム
"ああ、そうよ、 愛してるわ(オー・ウィ、ジュ・テーム)"!

Moi non plus.
"俺も愛してないさ(モワ・ノン・プリュ)"

Oh mon amour...
ああ モナムール…

Comme la vague irréésolue
優柔不断な 波のように俺は

Je vais je vais et je viens
Entre tes reins
Je vais et je viens
Entre tes reins
Et je
Me re-
Tiens
うち寄せる 寄せては引く
お前の腰の間で
寄せては引く
お前の腰の間で
そして
こらえ
ている

Je t'aime je t'aime
Oh oui je t'aime!
ジュ・テーム ジュ・テーム
"ああ、そうよ、 愛してるわ(オー・ウィ、ジュ・テーム)"!

Moi non plus.
"俺も愛してないさ(モワ・ノン・プリュ)"

Oh mon amour...
ああ モナムール…

Tu es la vague, moi l'île nue
あなたが波なら 私、裸の島

Tu vas tu vas et tu viens
Entre mes reins
Tu vas et tu viens
Entre mes reins
Et je
Te re-
joins
うち寄せる 寄せては引く
私の腰の間で
寄せては引く
私の腰の間で
そして
ひとつ
になる

Je t'aime je t'aime
Oh oui je t'aime!
ジュ・テーム ジュ・テーム
"ああ、そうよ、 愛してるわ(オー・ウィ、ジュ・テーム)"!

Moi non plus.
"俺も愛してないさ(モワ・ノン・プリュ)"

Oh mon amour...
ああ モナムール…

Comme la vague irrésolue
優柔不断な 波のように俺は

Je vais je vais et je viens
Entre tes reins
Je vais et je viens
Entre tes reins
Et je
Me re-
Tiens
うち寄せる 寄せては引く
お前の腰の間で
寄せては引く
お前の腰の間で
そして
こらえ
ている

Tu vas tu vas et tu viens
Entre mes reins
Tu vas et tu viens
Entre mes reins
Et je
Te re-
joins
うち寄せる 寄せては引く
私の腰の間で
寄せては引く
私の腰の間で
そして
ひとつ
になる

Je t'aime je t'aime
Oh oui je t'aime!
ジュ・テーム ジュ・テーム
"ああ、そうよ、 愛してるわ(オー・ウィ、ジュ・テーム)"!

Moi non plus.
"俺も愛してないさ(モワ・ノン・プリュ)"

Oh mon amour...
ああ モナムール…

L'amour physique est sans issue
肉体の愛に、出口などないのさ

Je vais je vais et je viens
Entre tes reins
Je vais et je viens
Je me retiens
うち寄せる 寄せては引く
お前の腰の間で
寄せては引く
そしてこらえている

Non! main-
Tenant
Viens!
いや!今
すぐに
行って!


毎朝、出勤前に豆乳を飲みながら朝ドラを見るのが日課なのですが、昨日 (2015/6/15) はたまたま飲んでなくて正解でした。飲んでたら絶対、思い切り噴き出していたと思うのです。

まさか NHK で、しかも朝ドラで、あの「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」が登場し、実際に曲まで流れるとは…(さすがにオリジナル版ではなく、セルジュのパートも女性が歌ってましたけれど)。ドラマのタイトル通り「まれ」な展開でした。(^^;;

スポンサーサイト

Jour de neige / Elsa



 JOUR DE NEIGE
 雪の日

 Tout doux tout doux
 Comme un rêve un peu flou
 そっと そっと
 白みかけた夢のように

 Froid dehors et chaud dedans
 Descendre en courant l'escalier
 Quand tout même le ciel est blanc
 Comme le papier pilé
 D'un secret
 屋外(そと)は冷たく室内(なか)は熱い
 駆け降りてゆく階段
 やっぱり空は白くてまるで
 秘密をたたんだ紙の
 色合い

 Pressée sans savoir pourquoi
 Filer déja sur mon vélo
 La longue écharpe après moi
 Le coeur en plein galop
 訳も知らず息を切らし
 もう自転車に飛び乗り
 長いマフラーなびかせながら
 心は走り出してた

 Jour de neige
 Dans un grand pull qui me protège
 Première neige
 Vertige en moi comme un manège
 雪の日
 大きなセーターくるまりながら
 初雪
 目舞いは回転木馬のように

 Jour bien tendre
 Comme ce quelqu'un vient m'attendre
 Au bout de chemin
 優しい日
 道の向こうで私を待ってる
「誰か」みたいに
 
 Tout doux tout doux
 Comme un rêve un peu flou
 そっと そっと
 白みかけた夢のように

 Froid dehors et chaud dedans
 Les flocons comme des papillons
 Sur mon lèvres et sur mes dents
 Une sensation frisson
 Et pour ça
 身体(そと)は冷たく心(なか)は熱い
 蝶々のような粉雪
 唇に歯に降りかかってる
 震えているのがわかる
 だから
 
 Vouloir préserver pareille
 Blancheur que rien ne sauv'ra
 Aprês l'retour du soleil
 Toujours toujours en moi
 今の白さを守りたいの
 太陽がまた現れ
 跡形もなく雪が消えても
 ずっと ずっと 私は
 
 Jour de neige
 Dans un grand pull qui me protège
 Première neige
 Vertige en moi comme un manège
 雪の日
 大きなセーターくるまりながら
 初雪
 目舞いは回転木馬のように

 Jour bien tendre
 Comme ce quelqu'un vient m'attendre
 Au bout de chemin
 優しい日
 道の向こうで私を待ってる
「誰か」みたいに

 Tout doux tout doux
 Comme un rêve un peu flou
 そっと そっと
 白みかけた夢のように

 Jour de neige
 Dans un grand pull qui me protège
 Jour de neige
 Au loin disparaît le menège
 雪の日
 大きなセーターくるまりながら
 雪の日
 遠くに回転木馬は消える

 Première neige
 Tourbillon lêger qui m'enlêve
 Jour de neige
 Sur mon vélo comme dans un rêve
 Jour de neige
 Et pourtant j'ai peur d'aucun piège…
 初雪
 軽いつむじ風 私をさらう
 雪の日
 自転車を漕ぐ 夢の中のように
 雪の日
 私はどんな罠も怖くない…


Lemon incest / Serge & Charlotte Gainsbourg(1984)



  レモン・インセスト

 "レモンの近親相姦(アンセスト・ドゥ・シトロン)"
 レモン・インセスト
 ジュ・テーム テーム 愛してるわ 誰よりも
 パパ パパ

 素朴さは さながら ニエドワ・ソルーの絵
 お前のキスは とても甘やかだ

 "レモンの近親相姦(アンセスト・ドゥ・シトロン)"
 レモン・インセスト
 ジュ・テーム テーム 愛してるわ 誰よりも
 パパ パパ

 身体を重ねない 私たちの愛は
 何より美しく 何よりも激しく
 何より珍しく 何より陶酔的

 素晴らしき 粗描
 愛おしき 子供
 我が肉 我が血よ
 おお "ベイビー(モン・ベベ)" 私の魂

 "レモンの近親相姦(アンセスト・ドゥ・シトロン)"
 レモン・インセスト
 ジュ・テーム テーム 愛してるわ 誰よりも
 パパ パパ

 素朴さは さながら ニエドワ・ソルーの絵
 お前のキスは とても甘やかだ

 "レモンの近親相姦(アンセスト・ドゥ・シトロン)"
 レモン・インセスト
 ジュ・テーム テーム 愛してるわ 誰よりも
 パパ パパ

 身体を重ねない 私たちの愛は
 何より珍しく 何より悩ましく
 何より純粋で 何より感動的

 素晴らしき 粗描
 愛おしき 子供
 我が肉 我が血よ
 おお "ベイビー(モン・ベベ)" 私の魂

 "レモンの近親相姦(アンセスト・ドゥ・シトロン)"
 レモン・インセスト
 ジュ・テーム テーム 愛してるわ 誰よりも
 パパ パパ

 素朴さは さながら ニエドワ・ソルーの絵
 お前のキスは とても甘やかだ

 "レモンの近親相姦(アンセスト・ドゥ・シトロン)"
 レモン・インセスト
 ジュ・テーム テーム 愛してるわ 誰よりも
 パパ パパ

 身体を重ねない 私たちの愛は
 何より珍しく 何より悩ましく
 何より純粋で 何より感動的

 素晴らしき 粗描
 愛おしき 子供
 我が肉 我が血よ
 おお "ベイビー(モン・ベベ)" 私の魂

 "レモンの近親相姦(アンセスト・ドゥ・シトロン)"
 レモン・インセスト
 ジュ・テーム テーム 愛してるわ 誰よりも
 パパ パパ…

         (1999 年 訳了)


Ex-fan des sixties / Jane Birkin(1978)



  シックスティーズの元ファン

 シックスティーズの元ファン
 可愛い ベイビー・ドール
 ほんとよく 踊ってたね ロックン・ロール
 シックスティーズの元ファン
 あの熱い 時代はどこ?
 あなたの アイドルたちは どうなったの?

 影もない シャドウズ
 バーズ、ドアーズ、
 アニマルズ
 ムーディ・
 ブルース
 散り散りの マッカートニー
 ジョージ・ハリスン
 リンゴ・スター
 ジョン・
 レノン

 シックスティーズの元ファン
 可愛い ベイビー・ドール
 ほんとよく 踊ってたね ロックン・ロール
 シックスティーズの元ファン
 あの熱い 時代はどこ?
 あなたの アイドルたちは どうなったの?

 もういない ブライアン・ジョーンズ
 ジム・モリスン
 エディー・コクラン
 バディー・
 ホリー
 それから ジミー・ヘンドリックス
 オーティス・レディング
 ジャニス・ジョップリン
 Tレックス
 エルヴィス…

         (2007 年 12 月 訳了)


L'aquoiboniste / Jane Birkin(1978)



 L'AQUOIBONISTE
 ダカラナニスト

 C'est un aquoiboniste
 Un faiseur de plaisantristes
 Qui dit toujours à quoi bon
 À quoi bon
 彼は ダカラナニスト
 悲喜劇の得意スト
 口癖はいつも「だから何?」
「だから何?」
 
 Un aquoiboniste
 Un modeste guitariste
 Qui n'est jamais dans le ton
 À quoi bon
 ダカラナニストは
 お粗末なギタリスト
 不協和音ばかりさせて
「だから何?」

 C'est un aquoiboniste
 Un faiseur de plaisantristes
 Qui dit toujours à quoi bon
 À quoi bon
 彼は ダカラナニスト
 悲喜劇の得意スト
 口癖はいつも「だから何?」
「だから何?」
 
 Un aquoiboniste
 Un peu trop idéaliste
 Qui répète sur tous les tons
 À quoi bon
 ダカラナニストは
 少し、超 "理想主義者(イデアリスト)"
 あの手この手自己主張で
「だから何?」

 C'est un aquoiboniste
 Un faiseur de plaisantristes
 Qui dit toujours à quoi bon
 À quoi bon
 彼は ダカラナニスト
 悲喜劇の得意スト
 口癖はいつも「だから何?」
「だから何?」

 Un aquoiboniste
 Un drôle de je m'en foutiste
 Qui dit à tort à raison
 À quoi bon
 ダカラナニストは
 知ったこっちゃナイスト
 ウソもホントも言う変人
「だから何?」

 C'est un aquoiboniste
 Un faiseur de plaisantristes
 Qui dit toujours à quoi bon
 À quoi bon
 彼は ダカラナニスト
 悲喜劇の得意スト
 口癖はいつも「だから何?」
「だから何?」

 Un aquoiboniste
 Qui s'fout de tout et persiste
 À dire j'veux bien mais au fond
 À quoi bon
 ダカラナニストは
 あれもこれも無視スト
「素晴らしい!」はうわべだけで
「だから何?」

 C'est un aquoiboniste
 Un faiseur de plaisantristes
 Qui dit toujours à quoi bon
 À quoi bon
 彼は ダカラナニスト
 悲喜劇の得意スト
 口癖はいつも「だから何?」
「だから何?」

 Un aquoiboniste
 Qu'a pas besoin d'oculiste
 Pour voir la merde du monde
 À quoi bon
 ダカラナニストは
 不要なのが 目医者(オキュリスト)
 腐った世界見えたって
「だから何?」

 C'est un aquoiboniste
 Un faiseur de plaisantristes
 Qui dit toujours à quoi bon
 À quoi bon
 彼は ダカラナニスト
 悲喜劇の得意スト
 口癖はいつも「だから何?」
「だから何?」

 Un aquoiboniste
 Qui me dit le regard triste
 Toi je t'aime, les autres ce sont
 Tous des cons
 ダカラナニストは
 語る "哀しい視点(ルギャル・トリスト)"
 あなたが好き、他の人は
 みんな馬鹿よ



Comment te dire adieu / Françoise Hardy(1968)



 COMMENT TE DIRE ADIEU
 さよならを教えて

 Sous aucun prétex-
 Te je ne veux
 Avoir de réflexes
 Malheureux
 Il faut que tu m’ex-
 Plique un peu mieux
 Comment te dire adieu
 たとえばどんな "事(プリテックス)-
 情(ト)" が、あったとしても
 私、哀しい "反射作用(リフレックス)"
 は、したくないのです
 お願い、もう少し "説(エックス)-
 明(プリック)" してください
 どうすれば、さよならが言えますか?

 Mon coeur de silex
 Vite prend feu
 Ton coeur de pyrex
 Résiste au feu
 Je suis bien perplex
 Je ne peux
 Me résoudre aux adieux
 私の心は "火打ち石(シレックス)"
 すぐに火がつくけど
 あなたの心は "耐熱ガラス(ピレックス)"
 火など通じなくて
 もう激しく "戸惑います(ペルプレックス)"
 私にはできません
 どうしても、さよならが言えません

 Je sais bien qu’un ex-
 Amour n’a pas une chance…ou si peu
 Mais pour moi, une ex-
 Plication vaudrait mieux
「わかっているのです。"終わってしまった(エックス)-
 愛(アムール)" に望みなど、あってもわずかだと
 それでも私には "釈(エックス)-
 明(プリカシオン)" をして欲しいのです」

 Sous aucun prétex-
 Te je ne veux
 Devant toi surex-
 Poser mes yeux
 Derrière un Kleenex
 Je saurais mieux
 Comment te dire adieu
 たとえばどんな "事(プリテックス)-
 情(ト)" が、あったとしても
 あなたの前では "露出(シュレックス)-
 過多(ポゼ)" したくないのです
 瞳隠したクリネックス
 外さぬまま告げたい
 どうすれば、さよならが言えますか?

 Comment te dire adieu
 どうすれば、さよならが言えますか?

 Tu as mis à l’index
 Mos nuits blanches, nos matins gris bleus
 Mais pour moi, une ex-
 Plication vaudrait mieux
「あなたは "捨てたのですね(ア・ミ・ア・ランデックス)"
 二人の白い夜も、仄蒼い朝も
 それでも私には "釈(エックス)-
 明(プリカシオン)" をして欲しいのです」

 Sous aucun prétex-
 Te je ne veux
 Devant toi surex-
 Poser mes yeux
 Derrière un Kleenex
 Je saurais mieux
 Comment te dire adieu
 たとえばどんな "事(プリテックス)-
 情(ト)" が、あったとしても
 あなたの前では "露出(シュレックス)-
 過多(ポゼ)" したくないのです
 瞳隠したクリネックス
 外さぬまま告げたい
 どうすれば、さよならが言えますか?

 Comment te dire adieu
 どうすれば、さよならが 言えますか?

 Comment te dire adieu
 どうすれば、さよならが 言えますか?



Les sucettes / France Gall(1966)



 LES SUCETTES
 "棒つきキャンディー(レ・シュセット)"

 Annie aime les sucettes
 Les sucettes à l'anis
 Les sucettes à l'anis d'Annie
 Donnent à ses baisers
 Un goût ani-
 Sé lorsque le sucre d'orge
 Parfumé à l'anis
 Coule dans la gorge d'Annie
 Elle est au paradis
 アニーは好きよ シュセットが
 アニスのシュセットが
 アニスのシュセットは アニーの
 キッスもアニスの 味にしちゃうの
 アニスの香りの ついた
 大麦キャンディーが
 喉を通るたび アニーは
 もう天国なの

 Pour quelques pennies Annie
 A ses sucettes à l'anis
 Elles ont la couleur de ses grands yeux
 La couleur des jours heureux
 ペニーと引き換え アニーが
 なめてるアニスの シュセットは
 アニーの大きな お目めの色よ
 幸せな日々の色

 Annie aime les sucettes
 Les sucettes à l'anis
 Les sucettes à l'anis d'Annie
 Donnent à ses baisers
 Un goût ani-
 Sé lorsqu'elle n'a sur la langue
 Que le petit bâton
 Elle prend ses jambes à son corps
 Et retourne au drugstore
 アニーは好きよ シュセットが
 アニスのシュセットが
 アニスのシュセットは アニーの
 キッスもアニスの 味にしちゃうの
 ベロ へと乗っけた棒が
 小っちゃくなったなら
 急いで走るの アニーは
 ドラッグストアへ

 Pour quelques pennies Annie
 A ses sucettes à l'anis
 Elles ont la couleur de ses grands yeux
 La couleur des jours heureux
 ペニーと引き換え アニーが
 なめてるアニスの シュセットは
 アニーの大きな お目めの色よ
 幸せな日々の色

 Lorsque le sucre d'orge
 Parfumé à l'anis
 Coule dans la gorge d'Annie
 Elle est au paradis
 アニスの香りの ついた
 大麦キャンディーが
 喉を通るたび アニーは
 もう天国なの



Poupée de cire, Poupée de son / France Gall(1965)



  プペ・ドゥ・シール、プペ・ドゥ・ソン

 私はいわゆる "ロウの人形(プペ・ドゥ・シール)" なの
 いわゆる "モミガラの人形(プペ・ドゥ・ソン)" なの
 ハートが歌へと 刻みこまれてる
 "原盤人形(プペ・ドゥ・シール)"、"サウンド人形(プペ・ドゥ・ソン)"

 私は高級?それとも安物?
 サロンの人形より
「薔薇色の人生(ラ・ヴィ・アン・ローズ)」も ボンボン・カラーの
 "ロウの人形(プペ・ドゥ・シール)"、"モミガラの人形(プペ・ドゥ・ソン)"

 私のレコードは 一枚鏡
 中の私は 誰にも見えるの
 あちこち同時に 私がいるわ
 1,000もの割れた 声に砕けて

 私の回りで 笑い声あげる
 端ギレの人形たち
 私の歌へと 合わせ踊るのよ
 "ロウの人形(プペ・ドゥ・シール)"、"モミガラの人形(プペ・ドゥ・ソン)"

 誘惑されても みんな拒まない
「好き」も「嫌い」もないの
 愛は 歌の中だけじゃ ないのにね
 "原盤人形(プペ・ドゥ・シール)"、"サウンド人形(プペ・ドゥ・ソン)"

 私のレコードは 一枚鏡
 中の私は 誰にも見えるの
 あちこち同時に 私がいるわ
 1,000もの割れた 声に砕けて

 私は時々 ひとりでため息
 一体何になるの?
 理由もないのに 愛を歌うだけ
 男の子も知らずに

 私は単なる "ロウの人形(プペ・ドゥ・シール)" なの
 単なる "モミガラの人形(プペ・ドゥ・ソン)" なの
 輝くブロンド 太陽がわりの
 "原盤人形(プペ・ドゥ・シール)"、"サウンド人形(プペ・ドゥ・ソン)"

 でもいつか歌のように 生きるのよ
 "原盤人形(プペ・ドゥ・シール)"、"サウンド人形(プペ・ドゥ・ソン)"
 男の子の熱 怖がることなく
 "ロウの人形(プペ・ドゥ・シール)"、"モミガラの人形(プペ・ドゥ・ソン)"

         (1999 年 訳了)


La javanaise / Serge Gainsbourg(1963)



  ジャヴァネーズ

 僕の
 苦しみは
 あなたの
 せいじゃなかったんです
 愛した人よ

 風の
 うわさを
 聞かされた
 その前からなんです
 愛した人よ

 僭越ながら ふたり
 ジャヴァネーズを踊る間は
 愛し合ってましたね
 1曲分の時間だけは

 僕たちは
 いったい何を
 見たのだと思います?
 愛に関して

 貴女と
 僕では貴女が
 いつも上手(うわて)でしたね
 愛した人よ

 僭越ながら ふたり
 ジャヴァネーズを踊る間は
 愛し合ってましたね
 1曲分の時間だけは

 ああ
 この4月は
 空しく
 僕をささげたのです
 愛って奴に

 でも
 僕は
 貴女の中に
 探したかったのです
 愛って奴を

 僭越ながら ふたり
 ジャヴァネーズを踊る間は
 愛し合ってましたね
 1曲分の時間だけは

 生きる事は
 そう
 少しも
 現実味帯びません
 愛がなければ

 けれど
 それを
 望んだのは
 貴女の方なのです
 愛した人よ

 僭越ながら ふたり
 ジャヴァネーズを踊る間は
 愛し合ってましたね
 1曲分の時間だけは

         (1999 年 訳了)

Hôtel Normandy / Patricia Kaas(1993)



  ホテル・ノルマンディー

 もうじきヨットが 海にあふれて
 サマーセーターに 砂が舞い込み
 そうして風が、風が秋を告げ
 そうして時の、時の鐘が鳴る

 もうじき子どもが 浜に群がり
 灼けつく陽射しを 夕立ちが追い
 ふたりは過ぎた時を 懐かしみ
 年老いた犬 そっと撫でるのよ

 ふたりの愛へと 残されるのは
 夜明けの薄紫(モーヴ)に 染まった部屋と
 あなたが私にくれた ささやき
 ホテル・ノルマンディー
 ふたりの歴史に 刻まれるのは
 ロックのギターと 黒いピアノと
 幻影の中の デヴィッド・ボウイ
 ホテル・ノルマンディー

 いつか定番の リムジンに乗り
 ゴールドディスク 棚に並べても
 私は毎朝、散歩に出るわ
 防波堤へと 夜が明ける頃

 波はその時も 褪せぬ魔法で
 昔のままの 切なさを運ぶ
 そこには大人の 憂いがあるわね
 そうして時の、時の鐘が鳴る

 ふたりの愛へと 残されるのは
 夜明けの薄紫(モーヴ)に 染まった部屋と
 あなたが私にくれた ささやき
 ホテル・ノルマンディー
 ふたりの歴史に 刻まれるのは
 ロックのギターと 黒いピアノと
 幻影の中の デヴィッド・ボウイ
 ホテル・ノルマンディー

 ふたりの愛へと 残されるのは
 夜明けの薄紫(モーヴ)に 染まった部屋と
 あなたが私にくれた ささやき
 ホテル・ノルマンディー
 ふたりの歴史に 刻まれるのは
 ロックのギターと 黒いピアノと
 幻影の中の デヴィッド・ボウイ
 ホテル・ノルマンディー

         (2005 年 12 月 訳了)


Il me dit que je suis belle / Patricia Kaas(1993)



  「綺麗だ」と、その人は言う

 時だって ウンザリしてる
 悪戯に 過ぎ去ることに
 一秒も もう行かないわ
 単調な 日々の中では

 傷ついて 心を閉ざし
 涙から 拒絶が生まれ
 悔しさが 不信に変わり
 あきらめを 覚えていても

 訪れる 暗い時刻は
 最後には 灯がともるのよ
 翳りしか 見えない日々も
 夢ならば 紡いでいいの

「綺麗だ」と、その人は言う
「君だけを 待っていたよ」と
「君なのさ」 その人は言う
「この僕が 腕に抱くのは」

 甘やかに 心が溶ける
 存在も しない言葉に
 永遠に 優しい彼の
 声だけが 耳に響くの

 他人(ひと)の目を 避け自分など
 今ここに いないフリした
 街を行く 人にまぎれて
 透明に なったみたいに

 目をそらす事を 覚えた
 愛しあう 人々の前
 避けてきた 寄りそい歩き
 熱いキス 交わす彼らを

 語りあう 夜は、ひとときは
 私には 二度となくても
 ささやかれ、頬を染めたい
 夢でなら 望んでいいの

「綺麗だ」と、その人は言う
「君だけを 待っていたよ」と
「君なのさ」 その人は言う
「この僕が 腕に抱くのは」

 子供でも 信じはしない
 ウソなのに、戯れ言なのに
 夜たちは 教会になる
 夢の中、信じているの

「綺麗だ」と、その人は言う…
 ほら彼が 今、駈けて来る
 彼の手が 私をさらう
 素敵だわ まるで映画ね

 裏切りや 悲しみなんて
 シナリオに 望みはしない
「女王さ」 その人は言う
 馬鹿だけど 信じてみるの
 馬鹿だけど 信じてみるの

         (2004 年 12 月 訳了)


Pomme C / Calogero (2008)



  "アップル + C(ポム・セ)"

 画像は 持ってる
 メールも 来たけど
 心は このキーボードの果てさ

 顔は 知ってるし
 恋も してるけど
 一度も 彼女と接触はない

 保存(セーヴ)するべきか
 それとも 破棄しようか?

 林檎(ポム) "それは(セ)"
 男と女
 まるでプログラムさ
 人造の楽園
 "アップル(ポム)" が 僕を起動し
 シャットダウンもさせる
 急ぎすぎの愛は
 ヴァイス・アンド・ヴァーチャル

 メッセを くれても
 僕の モニターは
 感情 初期化(フォーマット)してしまうよ

 だけど 思うのさ
 マシンなど たかが
 人の振りしか できないものだと

 "僕の女神、彼女(マ・デ・エス・エル)" なら
 少しも リアルじゃない

 林檎(ポム) "それは(セ)"
 男と女
 まるでプログラムさ
 人造の楽園
 "アップル(ポム)" が 僕を起動し
 シャットダウンもさせる
 急ぎすぎの愛は
 ヴァイス・アンド・ヴァーチャル

 愛を少し、コピー&ペースト
 愛を少し、アップル+C
 愛を少し ダウンロードして
 愛を少し 保存(セーヴ)するのさ…

 保存(セーヴ)するのさ
 でも愛は、ヴァーチャルじゃない

 林檎(ポム) "それは(セ)"
 男と女
 まるでプログラムさ
 でも愛は、ヴァーチャルじゃない …救済(セーヴ)するのさ
 "アップル(ポム)" が 僕を起動し
 シャットダウンもさせる
 急ぎすぎの愛は
 ヴァイス・アンド・ヴァーチャル

 救済(セーヴ)するべきか
 それとも 破棄しようか?

         (2008 年 6 月 訳了)

Qu'est-ce ça peut lui faire / Elsa(1991)



  彼にはどうでもいい事

 彼には どうでもいい事
 私に 何が起きても
 彼には どうでもいい事
 私が どこへ行こうと
 少しも 気にしてくれない
 彼は 愛など感じないの
 夜明けを 一緒に迎えて
 去ってく相手じゃ ないとね

 彼には どうでもいい事
 私が 恋していても
 教えて 私に 詩なんて
 どうして この世にあるの?
 ジュリエット 気取ってみても 
 ロミオなら まるで無視なの

 好きな人は私を 女性(おとな)と見てくれない
 今にも泣きそうな 気分に私をさせて
 気づきもしないのよ
 どんなに嘆いても

 いいの 私は待つの 待っているのよ いつか
 友達から恋人に 2人が変わる日を
 胸の奥に秘めた 私の想いに彼が
 もし今 気づいたら
 怖じ気づくかしらね
 怖じ気づくかしらね

 彼には どうでもいい事
 私が 黙り込んでも
 彼は かまわずにお喋り
 私は ひとり置き去り
 ほんとは 怒ってるのにね
 妹扱いを されて

 好きな人は私を 女性(おとな)と見てくれない
 今にも泣きそうな 気分に私をさせて
 気づきもしないのよ
 どんなに嘆いても

 いいの 私は待つの 待っているのよ いつか
 友達から恋人に 2人が変わる日を
 私 待っているの

 好きな人は私を 少しもわかってない
 好きな人は私が 女性(おとな)とわかってない
 微笑みの裏側に 涙があふれてても
 彼にとっては別に どうでもいい事なの
 胸の奥に秘めた 私の想いに彼が
 もし今 気づいたら
 怖じ気づくかしらね

         (1994 年 訳了)


On verra bien demain / Elsa(1991)



  明日になれば

 誰か答えられるかしら? 私たちが
 人生に投げる疑問に
 考えてると眠れなくなる疑問に
 神様っているのかしら? もしいるなら
 人生がつらいのは何故?
 私、答出せないから 唱えている

 明日になれば きっとわかる
 地球が回ってるなら
 明日になれば きっとわかる
 明日の風が吹くのよ
 明日は

「そこに答あるかも?」って 星座の中
 目を凝らしてる人がいる
 怖くなって 目を閉じてる人もいるわ
 水晶玉 手放さない人もいれば
 気にもしない人もいるの
 私、未来なんて先に 知りたくない

 明日になれば きっとわかる
 地球が回ってるなら
 明日になれば きっとわかる
 明日の風が吹くのよ
 明日になれば きっとわかる
 太陽が輝くなら 明日も

 何が言えるというの?
 死ぬ事が怖くて
 生きるのも不安なら
 どうあがいたらいいの?
 それが何になるの?
 それでどう変わるの?

 明日になれば きっとわかる
 地球が回ってるなら
 明日になれば きっとわかる
 明日の風が吹くのよ
 明日になれば きっとわかる
 地球が回ってるなら
 明日になれば きっとわかる
 太陽が輝くなら 明日も…

         (1994 年 訳了)


Mon cadeau / Elsa(1988)



  私の贈り物

 ニューヨークの街の 写真
 軍隊の上の 白旗
 ユーモアの センスと
 ピアノの 音符を いつも

 私の祈りです これは 未来のための
 私の祈りです 不信心だけど
 神さま お守りください 私の
 両親を そして友だちを ずっと

 そして神さま 願わくは 私にもっと
 強く生きてゆける 勇気をください
 灰色の街の 風景の中で
 私たちは 手と手 取り合いましょう

 欲張りは 言いません
 お金も薔薇も いりません
 ただ私のため 守りたいのです

 ニューヨークの街の 写真
 軍隊の上の 白旗
 ユーモアの センスと
 ピアノの 音符と

 イタリアの 抜けるような空
 肌にちょっぴりの 香水と
 いっぱいの 愛が
 私の 贈り物です

 私は不安です 世界と 未来のことが
 私は不安です 愛を告げるのが
 神さま お守りください 私の
 心は 傷つきやすいのですから

 そして神さま 願わくは 私にいつも
 自分のままでいる 力をください
 いつに移ろいゆくのか わからない
 そんな壊れやすい 瞬間の中

 欲張りは 言いません
 お金も薔薇も いりません
 ただ私のため 守りたいのです

 ニューヨークの街の 写真
 軍隊の上の 白旗
 ユーモアの センスと
 ピアノの 音符と

 イタリアの 抜けるような空
 肌にちょっぴりの 香水と
 いっぱいの 愛が
 あなたへの 贈り物です
 贈り物です

 ニューヨークの街の 写真
 軍隊の上の 白旗
 ユーモアの センスと
 ピアノの 音符と

 イタリアの 抜けるような空
 肌にちょっぴりの 香水と
 いっぱいの 愛が
 あなたへの 贈り物です
 贈り物です

         (1994 年 訳了)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。