スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Interstellaires / Mylène Farmer



INTERTELLAIRES
星間飛行(インターステラー)

Voir l'espace
Rêver d'un ailleurs
Recommence
Dans un monde meilleur
宇宙を眺め
異郷を夢に見る
やり直すのよ
もっといい世界で

Le ciel profound
Où je plonge
Amas d'étoiles
Un songe.
空の深みへと
私は沈む
散開星団
憧れを産む

Si c'était moi
Pour nos rêves
Mettre les voiles
Le jour se lève
もし私なら
皆の夢へと
帆を掲げよう
今日がその時

On se prépare
Au voyage
Pour des ères
Interstellaires!
準備をしよう
旅立ちのため
来たるべき時代
星間飛行!

Devant moi
Nébuleuses obscures
Moi diffuse
J'ai fait ce que j'ai pu
私の前で
星雲が仄めく
自分が拡がる
やれる事はやった

Le ciel profound
Où je plonge
Constellations
Dans un monde
Sans retour
空の深みへと
私は沈む
星座たちの群れ
この世の中で
消える事なく

Si c'était moi
Pour nos rêves
Mettre les voiles
Le jour se lève
もし私なら
皆の夢へと
帆を掲げよう
今日がその時

On se prépare
Au voyage
Pour des ères
Interstellaires!
準備をしよう
旅立ちのため
来たるべき時代
星間飛行!
スポンサーサイト

L'eau et le vin / Vanessa Paradis


Vanessa Paradis L'eau et le vin 投稿者 eddieaer

L'EAU ET LE VIN
水と葡萄酒

L'eau et le vin
Je veux l'eau et le vin
La pierre et le raisin
Je veux l'eau dans tes mains
Et le vin quand il convient
水と葡萄酒
望むのは、水と葡萄酒
岩とブドウの実
望むのは、あなたの掌(て)の水
望ましい時の葡萄酒

L'eau et le vin
Je veux l'eau et le vin
La mer qui me revient
Je veux l'eau des marins
水と葡萄酒
望むのは、水と葡萄酒
また寄せ来る海
望むのは、船乗りの水

Au chagrin
Il est vain d'en rajouter
Trop de tanin
Me fait sombrer
En eau douce,
en zone sinistrée
... il est vain d'en rajouter
... il est vain d'en rajouter
悲しみに
言葉を重ねても虚しい
多すぎるタンニンが
私を溺れさせる
真水へと、
惨禍に見舞われた土地へと
…言葉を重ねても虚しい
…言葉を重ねても虚しい

L'eau et le vin
Je veux l'eau et le vin
La terre et le venin
Je veux l'eau des matins
水と葡萄酒
望むのは、水と葡萄酒
大地と毒液
望むのは、朝に降る水

Aussi bon que le pain
Le vin qui me parle
Et l'eau qui ne dit rien
パンと同じに美味しい
葡萄酒ならば饒舌
そして水なら沈黙

Poisson dans l'un
Poison dans l'autre
... l'eau et le vin
片方には魚(ポワソン)
もう一方には毒(ポワゾン)
…水と葡萄酒

Au chagrin
Il est vain d'en rajouter
Trop de tanin
Me fait sombrer
En eau douce,
en zone sinistrée
... il est vain d'en rajouter
... il est vain d'en rajouter
悲しみに
言葉を重ねても虚しい
多すぎるタンニンが
私を溺れさせる
真水へと、
惨禍に見舞われた土地へと
…言葉を重ねても虚しい
…言葉を重ねても虚しい

Au chagrin
Il est vain d'en rajouter
Trop de tanin
Me fait sombrer
en zone sinistrée
... il est vain d'en rajouter
... il est vain d'en rajouter
悲しみに
言葉を重ねても虚しい
多すぎるタンニンが
私を溺れさせる
真水へと、
惨禍に見舞われた土地へと
…言葉を重ねても虚しい
…言葉を重ねても虚しい

L'eau et le vin
L'eau et le vin
L'eau et le vin
Je veux l'eau et le vin
水と葡萄酒
水と葡萄酒
水と葡萄酒
望むのは、水と葡萄酒

Et si tu me demandes
Je te dis : l'eau et le vin
もしあなたが求めるなら
言ってあげる 「水と葡萄酒」

A quoi, à quoi ça tient
何処から、何処から来たの?

L'eau et le vin
水と葡萄酒

L'eau et le vin
水と葡萄酒

A quoi, à quoi ça tient...
何処から、何処から来たの?

Je t'aime moi non plus / Serge Gainsbourg & Jane Birkin



JE T'AIME MOI NON PLUS
ジュ・テーム モワ・ノン・プリュ

Je t'aime je t'aime
Oh oui je t'aime!
ジュ・テーム ジュ・テーム
"ああ、そうよ、 愛してるわ(オー・ウィ、ジュ・テーム)"!

Moi non plus.
"俺も愛してないさ(モワ・ノン・プリュ)"

Oh mon amour...
ああ モナムール…

Comme la vague irréésolue
優柔不断な 波のように俺は

Je vais je vais et je viens
Entre tes reins
Je vais et je viens
Entre tes reins
Et je
Me re-
Tiens
うち寄せる 寄せては引く
お前の腰の間で
寄せては引く
お前の腰の間で
そして
こらえ
ている

Je t'aime je t'aime
Oh oui je t'aime!
ジュ・テーム ジュ・テーム
"ああ、そうよ、 愛してるわ(オー・ウィ、ジュ・テーム)"!

Moi non plus.
"俺も愛してないさ(モワ・ノン・プリュ)"

Oh mon amour...
ああ モナムール…

Tu es la vague, moi l'île nue
あなたが波なら 私、裸の島

Tu vas tu vas et tu viens
Entre mes reins
Tu vas et tu viens
Entre mes reins
Et je
Te re-
joins
うち寄せる 寄せては引く
私の腰の間で
寄せては引く
私の腰の間で
そして
ひとつ
になる

Je t'aime je t'aime
Oh oui je t'aime!
ジュ・テーム ジュ・テーム
"ああ、そうよ、 愛してるわ(オー・ウィ、ジュ・テーム)"!

Moi non plus.
"俺も愛してないさ(モワ・ノン・プリュ)"

Oh mon amour...
ああ モナムール…

Comme la vague irrésolue
優柔不断な 波のように俺は

Je vais je vais et je viens
Entre tes reins
Je vais et je viens
Entre tes reins
Et je
Me re-
Tiens
うち寄せる 寄せては引く
お前の腰の間で
寄せては引く
お前の腰の間で
そして
こらえ
ている

Tu vas tu vas et tu viens
Entre mes reins
Tu vas et tu viens
Entre mes reins
Et je
Te re-
joins
うち寄せる 寄せては引く
私の腰の間で
寄せては引く
私の腰の間で
そして
ひとつ
になる

Je t'aime je t'aime
Oh oui je t'aime!
ジュ・テーム ジュ・テーム
"ああ、そうよ、 愛してるわ(オー・ウィ、ジュ・テーム)"!

Moi non plus.
"俺も愛してないさ(モワ・ノン・プリュ)"

Oh mon amour...
ああ モナムール…

L'amour physique est sans issue
肉体の愛に、出口などないのさ

Je vais je vais et je viens
Entre tes reins
Je vais et je viens
Je me retiens
うち寄せる 寄せては引く
お前の腰の間で
寄せては引く
そしてこらえている

Non! main-
Tenant
Viens!
いや!今
すぐに
行って!


毎朝、出勤前に豆乳を飲みながら朝ドラを見るのが日課なのですが、昨日 (2015/6/15) はたまたま飲んでなくて正解でした。飲んでたら絶対、思い切り噴き出していたと思うのです。

まさか NHK で、しかも朝ドラで、あの「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」が登場し、実際に曲まで流れるとは…(さすがにオリジナル版ではなく、セルジュのパートも女性が歌ってましたけれど)。ドラマのタイトル通り「まれ」な展開でした。(^^;;

Tandem / Vanessa Paradis



 TANDEM
 "二人乗り自転車 (タンデム)"

 Dans le mot je t'aime
 Trop de M
 Et jamais jamais un seul N
 "ジュ・テームって言葉 (ル・モ・ジュ・テーム)" の中には
 M が過剰で
 絶対絶対皆無なのが N

 Dans amour toujours
 C'est le pour
 Ou le contre c'est souvent la heine
 愛の中ではいつでも
 賛否あるけど
 度々登場してくるのが "憎しみ (エヌ)"
 
 On m'dévisage
 On m'envisage
 Comme une fille que je ne suis pas
 みんなが私を見る
 みんながイメージする
 ほんとの私とは、まるで違う女の子を

 Je m'exile
 Trop fragile
 Mille et une nuit m'éloignent de moi
 私、引きこもる
 ひどく傷つくの
 千と一の夜が、私を私でなくすの
 
 Dans le mot je t'aime
 Tandem
 Autant d'M
 Parfois ça brille comme un diadème
 "ジュ・テームって言葉 (ル・モ・ジュ・テーム)" の中には
 "二人乗り自転車 (タンデム)"
 "同じ数の M (オータン・デム)"
 時々輝く。王冠 (ディアデーム) のように

 Toujours le même thème
 Tandem
 C'est idem
 Bientôt le crash I don't know when
 いつでも主題 (テーム) が "同じ (メーム)"
 "二人乗り自転車 (タンデム)"
 "上に同じ (セ・イデム)"
 もうじきクラッシュ。 I don't know when
 
 Tu es fort en thème
 Math-elem
 Mais en math-sup tu deviens blème
 優等生 (フォー・タン・テーム) のあなたは
 "基礎数学クラス (マット・テレーム)"
 それなのに "特別数学クラス (マット・シュプ)" では "蒼ざめる (ブレーム)"

 Dans amour toujours
 C'est le pour
 Ou le contre on récolte ce que l'on sème
 愛の中ではいつでも
 賛否あるけど
 自分で刈るのよ。"自分が蒔く (オン・セーム)" ならば

 Tu m'dévisage
 Tu m'envisage
 Comme une fille que je ne suis pas
 あなたは私を見る
 あなたはイメージする
 ほんとの私とは、まるで違う女の子を

 Je m'exile
 Si fragile
 Mille et une nuit m'éloignent de toi
 私、引きこもる
 深く傷つくの
 千と一の夜が、私とあなたを分かつの
 
 Dans le mot je t'aime
 Tandem
 Autant d'M
 Parfois ça brille comme un diadème
 "ジュ・テームって言葉 (ル・モ・ジュ・テーム)" の中には
 "二人乗り自転車 (タンデム)"
 "同じ数の M (オータン・デム)"
 時々輝く。王冠 (ディアデーム) のように

 Toujours le même thème
 Tandem
 C'est idem
 Bientôt le crash I don't know when
 いつでも主題 (テーム) が "同じ (メーム)"
 "二人乗り自転車 (タンデム)"
 "上に同じ (セ・イデム)"
 もうじきクラッシュ。 I don't know when

 Dans le mot je t'aime
 Tandem
 Autant d'M
 Parfois ça brille comme un diadème
 "ジュ・テームって言葉 (ル・モ・ジュ・テーム)" の中には
 "二人乗り自転車 (タンデム)"
 "同じ数の M (オータン・デム)"
 時々輝く。王冠 (ディアデーム) のように

 Toujours le même thème
 Tandem
 C'est idem
 Bientôt le crash I don't know when
 いつでも主題 (テーム) が "同じ (メーム)"
 "二人乗り自転車 (タンデム)"
 "上に同じ (セ・イデム)"
 もうじきクラッシュ。 I don't know when

 Dans le mot je t'aime
 Tandem
 Autant d'M
 Parfois ça brille comme un diadème...
 "ジュ・テームって言葉 (ル・モ・ジュ・テーム)" の中には
 "二人乗り自転車 (タンデム)"
 "同じ数の M (オータン・デム)"
 時々輝く。王冠 (ディアデーム) のように…


解説

Scarabée / Vanessa Paradis



 SCARABÉE
 スカラベ

 Sur le radeau, t'es seul
 T'es beau, tu rames au fil de l'eau
 A quatre, la vie est plus belle
 L'amour, l'amitié, c'est tout pareil
 筏の上に、たったひとりで
 美しいあなた、水の流れ漕ぐ
 4つで、命は一層美しいの
 愛も、友情も、互いに似ていて
 
 Oh…(Oh… On t'aimait, Scarabée)
 Oh…(Oh… 皆あなたを愛してた、スカラベ)
 
 Au fil de l'eau
 On croit que la vie est éternelle
 On meurt parfois
 De chanter seul
 A quatre, à quatre, les murs font prison
 水の流れに
 人は信じる 命が永遠だという事を
 死ぬほどひとりで
 歌いたい時もある
 4つで、4つで、壁は檻になる

 Oh…(Oh… On t'aimait, Scarabée)
 Oh…(Oh… 皆あなたを愛してた、スカラベ)
 
 Ça fait rien
 (On t'aimait, on t'aimait, Scarabée)
 Il fait beau
 (On t'aimait, on t'aimait, Scarabée)
 大した事じゃない
 (皆あなたを愛してた、皆あなたを愛してた、スカラベ)
 天気がいいのなら
 (皆あなたを愛してた、皆あなたを愛してた、スカラベ)

 Au fil du temps
 T'es seul, t'es grand
 Et tu souris aux gens...
 Du ciel la vie est plus belle
 L'amour, l'amitié, c'est tout pareil
 時の流れに
 たったひとりで、偉大なあなたは
 人々に微笑む…
 空から命は一層美しいの
 愛も、友情も、互いに似ていて

 Oh…(Oh… On t'aimait, Scarabée)
 Oh…(Oh… 皆あなたを愛してた、スカラベ)
 
 Dans le soleil
 Tu sais que la vie est éternelle
 Y a plus de combat
 On n'est plus seul
 On n'est plus seul au ciel
 太陽の中
 あなたは知るの 命が永遠だという事を
 もう争いはない 誰も
 もうひとりじゃない
 もうひとりじゃない 空では
 
 Ça fait rien
 (On t'aimait, on t'aimait, Scarabée)
 Il fait beau
 (On t'aimait, on t'aimait, Scarabée)
 大した事じゃない
 (皆あなたを愛してた、皆あなたを愛してた、スカラベ)
 天気がいいのなら
 (皆あなたを愛してた、皆あなたを愛してた、スカラベ)
 
 (Tout seul sur la terre
 Chante un scarabée assassiné
 Tout seul, il chante comme il chantait
 Tout seul sur la terre
 Chante un scarabée qu'on a tué
 Tout seul, il chante comme il chantait)
 (たったひとり、この地上で
 歌うよ スカラベは 暗殺されて
 たったひとり、歌うよ 昔のように
 たったひとり、 この地上で
 歌うよ スカラベは 殺されても
 たったひとり、歌うよ 昔のように)
 
 Tout seul, tout, tout seul,
 Tout seul sur la terre
 Chante un scarabée
 Tout seul, tout
 Il chante comme il chantait…
 たったひとり、たった、たったひとり、
 たったひとり、この地上で
 歌うの スカラベは
 たった、たったひとり
 歌うの 昔のように…

※注: アルバム「M & J」 (1988) の歌詞を元にしているため、映像とは若干異なります。

解説

Station Quatre-Septembre / Vanessa Paradis



 STATION QUATRE-SEPTEMBRE
 “9月4日(キャトル=セプタンブル)” 駅

 On s'est connus un matin
  station Quatre-Septembre
 Reconnus dès le lendemain
  pour aller boire un café ensemble
 ふたりの出会いは、ある日の朝の
 キャトル=セプタンブル駅
 もう次の日から顔を合わせれば
 一緒にコーヒー飲みに行っていた

 On en a fait du chemin
  du moins il me semble
 Depuis le premier verre de vin
  au dernier baiser sans la langue
 ふたりは進展してたと思う
 少なくとも私には
 最初に重ねたワイングラスから
 最後に交わした無言のキスまで

 On a connu les arrières-cours,
  les frimas de décembre
 Les ingénues qui portent court
  qui font du pied aux pieds tendres
 ふたりは知ったの 裏庭たちと、
 12月の氷霧(こおりぎり)
 一途な思いは長くは続かず
 優しい誰かに足をすり寄せる

 Les nuits moites allongés sur
  le coco et la cendre
 Le vin chenu la misère nue
  mais quel bonheur ensemble
 湿っぽい夜がずっと続いた
 卵(ココ) にも灰の上にも
 年老いたワイン、むき出しの苦悩
 それでも幸せだった 一緒なら

 Même au siècle prochain j'en parlerai encore
 Même au siècle prochain j'en parlerai encore
 Même au siècle prochain j'en pleurerai encore
 Même au siècle prochain j'en pleurerai encore
 来世紀が来ても私、まだ語ってるわ
 来世紀が来ても私、まだ語ってるわ
 来世紀が来ても私、まだ嘆いてるわ
 来世紀が来ても私、まだ嘆いてるわ

 On s'est perdus un matin
  station Quatre-Septembre
 Èperdus ivres de ce vin
  qui vous fait les yeux en amandes
 ふたりの別れは ある日の朝の
 キャトル=セプタンブル駅
 高ぶる感情、あのワインに酔い
 瞳はアーモンド・アイになってた

 On a rasé quelques murs
  toi levé quelque jambes
 Eu des pensées bien saugrenues
  dire adieu à ces grands ensembles
 ふたりは重ねた壁取り払い
 遊び重ねたあなたは
 突拍子もない思いに駆られて
 この強い絆、さよならを告げた

 Adieu nuits tendres adieu caresses
  adieu lait à l'amande
 Adieu relative allégresse
  de prendre un café ensemble
 さよなら愛の夜 さよなら愛撫
 さよならアーモンドミルク
 さよなら心を弾ませながら
 ふたりで一緒に 飲んだコーヒー

 Même au siècle prochain j'en parlerai encore
 Même au siècle prochain j'en parlerai encore
 Même au siècle prochain j'en pleurerai encore
 Même au siècle prochain j'en pleurerai encore
 来世紀が来ても私、まだ語ってるわ
 来世紀が来ても私、まだ語ってるわ
 来世紀が来ても私、まだ嘆いてるわ
 来世紀が来ても私、まだ嘆いてるわ

 J'en pleurerai encore
 私、まだ嘆いてるわ
 
 Même au siècle prochain j'en parlerai encore
 Même au siècle prochain j'en parlerai encore
 Même au siècle prochain j'en pleurerai encore
 Même au siècle prochain j'en pleurerai encore
 来世紀が来ても私、まだ語ってるわ
 来世紀が来ても私、まだ語ってるわ
 来世紀が来ても私、まだ嘆いてるわ
 来世紀が来ても私、まだ嘆いてるわ

 J'en pleurerai encore
 私、まだ嘆いてるわ


解説

Divine Idylle / Vanessa Paradis



 DIVINE IDYLE
 "神の純愛(ディヴィーニディール)"

 Dans l'espoir docile
 Tes ailes fragiles
 Je te devine
 Divine idylle
 素直な希望の中
 折れそうな翼
 あなたがそうなのね
 "神の純愛(ディヴィーニディール)"

 L'amour qui sommeille
 Dans un souffle irréel
 恋神(アムール)はまどろむ
 非現実(イレエル)の吐息に

 Ma folie, mon envie, ma lubie, mon idylle
 この狂おしく、わがままで、気まぐれな、"私の純愛(モニディール)"

 Je te vole une plume
 Pour écrire une rime
 Au clair de la lune
 Mon amie l'idylle
 あなたの羽根、ペンに
 恋唄を書く
 月の光浴びて
 "私の友(モナミ)"、純愛(リディール)

 Mon âme idéale
 À la larme fatale
 "私の理想の人(モナミデアル)" なら
 涙が宿命ね

 Ma folie, mon envie, ma lubie, mon idylle
 この狂おしく、わがままで、気まぐれな、"私の純愛(モニディール)"

 Divine Idylle
 Mon amie l'idylle
 "神の純愛(ディヴィーニディール)"
 "私の友(モナミ)"、純愛(リディール)

 Sur mes vagues à l'âme
 Elle a hissé la voile
 J'ai le mal des chimères
 Le coeur en flammes
 うつろなこの胸に
 帆を揚げたのね
 夢へと蝕まれ
 心は燃える 

 Des étincelles
 Il faut qu'elle freine
 Si je ferme les yeux,
 Elle m'appelle
 火の粉が降りかかる
 ブレーキかけてよ
 瞳を閉じてても
 呼び声消えない

 Ma folie, mon envie, ma lubie, mon idylle
 この狂おしく、わがままで、気まぐれな、"私の純愛(モニディール)"

 Divine idylle
 Mon amie l’idylle
 "神の純愛(ディヴィーニディール)"
 "私の友(モナミ)"、純愛(リディール)

 Je rêve idylle
 "あこがれの純愛(ジュ・レーヴ・イディール)"

 Divine idylle
 "神の純愛(ディヴィーニディール)"

 Mon âme idéale
 Mon idylle
 "私の理想の人(モナミデアル)"
 "私の純愛(モニディール)"


解説

Plus grandir / Mylène Farmer



 PLUS GRANDIR
 大きくはならない

 Petit rien, petit bout,
 De rien du tout
 M'a mise tout sens dessus dessous
 A pris ses jambes à son cou
 ほんのわずか、ほんの少しの
 何でもない何かが
 天と地が入れ替わる感覚を残し
 私の前から さっと消えた
 
 Petit rien, petit bout,
 La vie s'en fout
 Dans mes draps de papier tout délavés
 Mes baisers sont souillés
 ほんのわずか、ほんの少しも
 日常は気にも留めず
 紙製の濡れそぼるシーツの中では
 私のキスが穢されている
 
 Plus grandir,
 J'veux plus grandir
 Plus grandir,
 Pour pas mourir,
 Pas souffrir
 大きくはならない
 大きくはなりたくない
 大きくはならない
 死んだり、苦しんだり
 するのは嫌だから

 Plus grandir,
 J'veux plus grandir
 Pour les pleurs d'une petite fille
 大きくはならない
 大きくはなりたくない
 少女の涙を大切にしたいから
 
 Jeux de mains, jeux de fous
 C'est pas pour nous
 Suspendue au lit comme une poupée
 Qu"on a désarticulée, Eh!
 手慰み、愚者の遊びは
 私たちには無縁
 関節を外された人形のように
 ベッドの上に中途半端で Eh!
 
 Petit rien, petit bout
 De rien du tout
 Reviens dans mes images, j'me suis perdue
 Après, je n'sais plus
 ほんのわずか、ほんの少しの
 何でもない何かが
 空想の中にまた舞い戻り、私は
 自分を忘れる… 後は知らない
 
 Plus grandir,
 J'veux plus grandir
 Plus grandir,
 Pour pas mourir,
 Pas souffrir
 大きくはならない
 大きくはなりたくない
 大きくはならない
 死んだり、苦しんだり
 するのは嫌だから

 Plus grandir,
 J'veux plus grandir
 Pour les pleurs d'une petite fille
 大きくはならない
 大きくはなりたくない
 少女の涙を大切にしたいから

 Plus grandir,
 J'veux plus grandir
 Plus grandir,
 Pour pas mourir,
 Pas souffrir
 大きくはならない
 大きくはなりたくない
 大きくはならない
 死んだり、苦しんだり
 するのは嫌だから

 Plus grandir,
 J'veux plus grandir
 Pour les pleurs d'une petite fille
 大きくはならない
 大きくはなりたくない
 少女の涙を大切にしたいから



<解説>

Jour de neige / Elsa



 JOUR DE NEIGE
 雪の日

 Tout doux tout doux
 Comme un rêve un peu flou
 そっと そっと
 白みかけた夢のように

 Froid dehors et chaud dedans
 Descendre en courant l'escalier
 Quand tout même le ciel est blanc
 Comme le papier pilé
 D'un secret
 屋外(そと)は冷たく室内(なか)は熱い
 駆け降りてゆく階段
 やっぱり空は白くてまるで
 秘密をたたんだ紙の
 色合い

 Pressée sans savoir pourquoi
 Filer déja sur mon vélo
 La longue écharpe après moi
 Le coeur en plein galop
 訳も知らず息を切らし
 もう自転車に飛び乗り
 長いマフラーなびかせながら
 心は走り出してた

 Jour de neige
 Dans un grand pull qui me protège
 Première neige
 Vertige en moi comme un manège
 雪の日
 大きなセーターくるまりながら
 初雪
 目舞いは回転木馬のように

 Jour bien tendre
 Comme ce quelqu'un vient m'attendre
 Au bout de chemin
 優しい日
 道の向こうで私を待ってる
「誰か」みたいに
 
 Tout doux tout doux
 Comme un rêve un peu flou
 そっと そっと
 白みかけた夢のように

 Froid dehors et chaud dedans
 Les flocons comme des papillons
 Sur mon lèvres et sur mes dents
 Une sensation frisson
 Et pour ça
 身体(そと)は冷たく心(なか)は熱い
 蝶々のような粉雪
 唇に歯に降りかかってる
 震えているのがわかる
 だから
 
 Vouloir préserver pareille
 Blancheur que rien ne sauv'ra
 Aprês l'retour du soleil
 Toujours toujours en moi
 今の白さを守りたいの
 太陽がまた現れ
 跡形もなく雪が消えても
 ずっと ずっと 私は
 
 Jour de neige
 Dans un grand pull qui me protège
 Première neige
 Vertige en moi comme un manège
 雪の日
 大きなセーターくるまりながら
 初雪
 目舞いは回転木馬のように

 Jour bien tendre
 Comme ce quelqu'un vient m'attendre
 Au bout de chemin
 優しい日
 道の向こうで私を待ってる
「誰か」みたいに

 Tout doux tout doux
 Comme un rêve un peu flou
 そっと そっと
 白みかけた夢のように

 Jour de neige
 Dans un grand pull qui me protège
 Jour de neige
 Au loin disparaît le menège
 雪の日
 大きなセーターくるまりながら
 雪の日
 遠くに回転木馬は消える

 Première neige
 Tourbillon lêger qui m'enlêve
 Jour de neige
 Sur mon vélo comme dans un rêve
 Jour de neige
 Et pourtant j'ai peur d'aucun piège…
 初雪
 軽いつむじ風 私をさらう
 雪の日
 自転車を漕ぐ 夢の中のように
 雪の日
 私はどんな罠も怖くない…


Amicalement vôtre / Lio



 AMICALEMENT VÔTRE
 "あなたの友より(アミカルマン・ヴォトル)"

 Touche pas
 Mon anatomie a mi
 Lle appâts
 Que j'gard' pour mon p'tit ami
 Je ris pas
 Je suis pour la monogamie
 触れちゃダメよ
 ドレスの中味
 が 魅力的でも
 私、独り身
 じゃない 真剣よ
 これで "一夫一妻制(モノガミー)" 賛成派なの
 
 Holà
 C'est qu'il faut une cami
 Sole à
 Ce mec il fonce comme un kami
 Kaze la
 Tête baissée sur l'ennemi
 やれやれだわ
 両手ハサミ
 つけ 拘束しなきゃ
 こういうカミ
 カゼめいた 坊やは
 敵へと闇雲、突撃だから
 
 Coup bas
 Dans les bijoux de famille
 Taba
 Ssé harassé à la mi-
 Combat
 Je te renvoie chez ta mamie
 ロー・ブローで
 急所に一発 お見
 舞いしちゃえ
 バトルで絶え絶えに 身
 悶えさせ
 帰してあげるわ "おばあちゃん(マミー)" のもとへ
 
 Mon a
 Moureux c'est le grand Sammy
 On l'a
 Ppelle le kid de Miami
 Ce swing là
 En fait c'est lui qui te l'a mis
 そう私の
 彼氏はビッグ・サミ
 ーって言うの
 人呼んでマイアミ
 ・キッド パンチを
 実際、彼がキミにキメたのよ
 
 Ami, ami
 Ami, ami, ami, ami,
 Ami, ami, ami, ami, ami, ami
 Amicalement vôtre
 アミ、アミ
 アミ、アミ、アミ、アミ
 アミ、アミ、アミ、アミ、アミ、アミ
 "あなたの友より(アミカルマン・ヴォトル)"

 Ami, ami
 Ami, ami, ami
 Ami, ami, ami, ami, ami, ami, ami, ami
 Amicalement vôtre
 アミ、アミ
 アミ、アミ、アミ
 アミ、アミ、アミ、アミ、アミ、アミ、アミ、アミ
 "あなたの友より(アミカルマン・ヴォトル)"
 
 Mon gars
 Pleure pas c'est pas l'infamie
 On a
 Joué Marsupilami
 Houba
 On se quitte bons amis
 ねえボクちゃん
 泣かないでね 罪
 じゃないの これは
 ただのマルスピラミ
 ごっこよ ウバー!
 これからは恨みなしの友だわ
 
 Touche pas
 Mon anatomie a mi
 Lle appâts
 Que j'gard' pour mon p'tit ami
 Je ris pas
 Je suis pour la monogamie
 触れちゃダメよ
 ドレスの中味
 が 魅力的でも
 私、独り身
 じゃない 真剣よ
 これで "一夫一妻制(モノガミー)" 賛成派なの
 
 Holà
 Mais c'est qu'il faut une cami
 Sole à
 Ce mec il fonce comme un kami
 Kaze la
 Tête baissée sur l'ennemi
 やれやれだわ
 両手ハサミ
 つけ 拘束しなきゃ
 こういうカミ
 カゼめいた 坊やは
 敵へと闇雲、突撃だから

 Ami, ami
 Ami, ami, ami, ami,
 Ami, ami, ami, ami, ami, ami
 Amicalement vôtre Amicalement vôtre
 アミ、アミ
 アミ、アミ、アミ、アミ
 アミ、アミ、アミ、アミ、アミ、アミ
 "あなたの友より(アミカルマン・ヴォトル)"

 Ami, ami
 Ami, ami, ami
 Ami, ami, ami, ami, ami, ami, ami, ami
 Amicalement vôtre
 アミ、アミ
 アミ、アミ、アミ
 アミ、アミ、アミ、アミ、アミ、アミ、アミ、アミ
 "あなたの友より(アミカルマン・ヴォトル)"
 
 Touche pas...
 触れちゃダメよ…



<解説>

Moi je veux... / Mylène Farmer



 MOI JE VEUX...
 私の望み…

 Aimer...
 愛したい…

 Aimer...
 愛したい…

 Moi je veux c'est aimer
 Moi je veux c'est aider
 Moi je veux être aimée
 私の望み、「私は愛したい」
 私の望み、「私は助けたい」
 私の望み、「そして愛されたい」

 Moi je veux c'est t'aimer
 Moi je veux c'est t'aider
 Moi je veux être adorée
 私の望み、「あなたを愛したい」
 私の望み、「あなたを助けたい」
 私の望み、「そして恋されたい」
 
 Tu reviens toujours
 Mélancolie
 Comme un défi
 あなたは いつも戻る
 メランコリー
 挑むように

 Silence de dieu
 Mais que le soir est triste
 Pour l'indécis
 沈黙 続ける神
 でも、今夜は哀しい
 中途半端で
 
 Moi je veux c'est aimer
 Moi je veux c'est aider
 Moi je veux être aimée
 私の望み、「私は愛したい」
 私の望み、「私は助けたい」
 私の望み、「そして愛されたい」

 Moi je veux c'est t'aimer
 Moi je veux c'est t'aider
 Moi je veux être adorée
 私の望み、「あなたを愛したい」
 私の望み、「あなたを助けたい」
 私の望み、「そして恋されたい」
 
 Quand saigne mon cloître
 Cruel c'est que je sombre
 Épaisse est l'ombre
 血にじむ 堂々めぐり
 残酷な 私の闇
 厚くなる影

 Oh! paradis noué
 L'or des étoiles est pâle
 Hivernal
 ああ!天国は 縛られ
 星の金が 青ざめ
 真冬めく

 Aimer aimer
 Aime-moi
 Aimer aimer
 Aime-moi
 愛したい、愛したい
 愛して欲しい
 愛したい、愛したい
 愛して欲しい
 
 Moi je veux c'est aimer
 Moi je veux c'est aider
 Moi je veux être aimée
 私の望み、「私は愛したい」
 私の望み、「私は助けたい」
 私の望み、「そして愛されたい」

 Moi je veux c'est t'aimer
 Moi je veux c'est t'aider
 Moi je veux être adorée
 私の望み、「あなたを愛したい」
 私の望み、「あなたを助けたい」
 私の望み、「そして恋されたい」
 
 Moi je veux c'est aimer
 Moi je veux c'est aider
 Moi je veux être aimée
 私の望み、「私は愛したい」
 私の望み、「私は助けたい」
 私の望み、「そして愛されたい」

 Moi je veux c'est t'aimer
 Moi je veux c'est t'aider
 Moi je veux être adorée
 私の望み、「あなたを愛したい」
 私の望み、「あなたを助けたい」
 私の望み、「そして恋されたい」
 
 Aimer...
 愛したい…
 
 Aimer...
 愛したい…
 
 Moi je veux c'est aimer
 Aimer...
 私の望み 「私は愛したい」
 愛したい…
 
 Moi je veux c'est t'aimer
 Aimer...
 私の望み 「あなたを愛したい」
 愛したい…


Diabolique mon ange / Mylène Farmer



 DIABOLIQUE MON ANGE
 悪魔な私の天使

 Repos tranquille
 Heure inutile
 Dans cette chambre
 La main qui tremble
 穏やかな 安らぎ
 意味のない ひと時
 閉じこもる この部屋
 震えている 片手
 
 Ne reste que les rêves
 Étonnante chimère
 Qui garde son empreinte
 A fuit dans son étreinte
 残された物は 夢だけ
 輝いたままの 幻
 残り香を 留めていても
 抱きしめた途端に 消えた
 
 Allons ailleurs si tu veux
 Conduis-moi où tu es mieux
 Et plus jamais la même...
 Le vent fait sourde oreille
「行きましょう 望みの場所へ」
「導いて あなたの場所へ」
 もう決して 同じではない…
 風の音(ね)に 何も聞こえない
 
 Flik flak
 Diabolique est mon ange
 Tic tac
 Plus rien ne nous dérange
 フリック、フラック
 悪魔な 私の天使
 ティック、タック
 もう何も 邪魔されない

 La claque
 Bien contre lui et tangue
 Tic tac
 On s'est aimé à s'y méprendre
 失敗(ラ・クラック)
 立ち向かい、よろめくのよ
 ティック、タック
 愛しあい、よく似てきた2人
 
 Flik flak
 Diabolique est mon ange
 Tic tac
 Plus rien ne me dérange
 フリック、フラック
 悪魔な 私の天使
 ティック、タック
 もう何も 邪魔されない

 La claque
 Suis contre lui et tangue
 Et là
 S'agenouiller et puis s'éprendre...
 失敗(ラ・クラック)
 追いかけて、よろめくのよ
 そうして
 ひざまずき、そして、すがりついて…

 Vent ! J'ai souhaité ta mort
 Temps j'ai maudit ton corps
 Et plus jamais la même
 À tout jamais de celles
 Qui entrouvrent fenêtre
 Qui parlent et puis se jettent
 風!あなたの死を 願った
 時、あなたの身を 呪った
 もう決して 同じではない
 いつまでも あんな女じゃない
 半開きに 窓を押し開け
 想いを告げ、身を投げるような
 
 Flik flak
 Diabolique est mon ange
 Tic tac
 Plus rien ne nous dérange
 フリック、フラック
 悪魔な 私の天使
 ティック、タック
 もう何も 邪魔されない

 La claque
 Bien contre lui et tangue
 Tic tac
 On s'est aimé à s'y méprendre
 失敗(ラ・クラック)
 立ち向かい、よろめくのよ
 ティック、タック
 愛しあい、よく似てきた2人
 
 Flik flak
 Diabolique est mon ange
 Tic tac
 Plus rien ne me dérange
 フリック、フラック
 悪魔な 私の天使
 ティック、タック
 もう何も 邪魔されない

 La claque
 Suis contre lui et tangue
 Et là
 S'agenouiller et puis s'éprendre...
 失敗(ラ・クラック)
 追いかけて、よろめくのよ
 そうして
 ひざまずき、そして、すがりついて…
 
 Dans ma tête un désordre
 Y remettre un peu d'ordre
 N'a jamais vu ma fièvre
 N'a jamais dit je t'aime
 混乱した 頭の中
 ほんの少し 整理しよう
 ずっと 熱い思いを無視し
 ずっと 好きと言ってくれない

 Cependant je l'aime
 Cependant je l'aime
 Cependant je l'aime
 Cependant je l'aime
 それでも 彼が好き
 それでも 彼が好き
 それでも 彼が好き
 それでも 彼が好き
 
 Et plus jamais la même...
 Le vent fait sourde oreille
 N'a jamais vu ma fièvre
 N'a jamais dit je t'aime
 もう決して 同じではない…
 風の音(ね)に 何も聞こえない
 ずっと 熱い思いを無視し
 ずっと 好きと言ってくれない
 
 Tic tac
 Diabolique est mon ange
 Tic tac
 Diabolique est mon ange
 ティック、タック
 悪魔な 私の天使
 ティック、タック
 悪魔な 私の天使

 Tic tac
 Diabolique est mon ange
 Tic tac
 Diabolique est mon ange
 ティック、タック
 悪魔な 私の天使
 ティック、タック
 悪魔な 私の天使


Comix discomix / Lio 解説(3)



訳詞 + 原文を新しいウィンドウで開く

3.「シルダビアのエトワール夫婦」と「スピルー」について

 <2番Bメロの歌詞原文と筆者訳>
 Stilletos sur plexiglas stridence
 Un couple d'étoiles de Syldavie
 A New York lancent la dissidanse
 Un ballet que j'applaudis ravie
 スティレット、プレキスグラスに カチン
 シルダビアの エトワール夫婦が
 ニューヨークで 反旗を翻す
 あざやかバレエに 私は喝采

Syldavie(シルダビア)とは「タンタンの冒険」シリーズに何度も登場する架空の王国で、東欧にある設定になっています。


(シルダビアの紙幣)

それでは、un couple d'étoiles de Syldavie(直訳:シルダビアの星の夫婦)とは、一体何者でしょうか?もちろんタンタン・ワールドには、該当する人物は存在しません。

そこで、1979年の現実世界の出来事を調べてみたところ、「ニューヨーク」と「バレエ」というキーワードから、一組のカップルが浮かび上がってきました。

ソ連(当時)のボリショイ・バレエ団で花形ダンサー(フランス語では「エトワール(星)」と呼びます)として活躍していたアレクサンドル・ゴドゥノフと、同じバレエ団でソリストを務めていたリュドミラ・ウラソワです。


(左: アレクサンドル・ゴドゥフ、右: リュドミラ・ウラソワ)

ふたりはこの年の8月、ボリショイの北米ツアーでニューヨークに滞在していました。ところが突然、夫のアレクサンドルが失踪し、そのまま21日に亡命してしまいます。

これを知ったソ連当局は、妻のリュドミラを緊急帰国させるべく、彼女を急遽モスクワ行きのアエロフロート機に搭乗させました。が、米国務省は離陸許可を出しません。

アレクサンドルからの懇願を受け、リュドミラが本当に自ら望んで帰国しようとしているのか確認を求めたためです。かくして飛行機は彼女を乗せたまま、ケネディ空港に足止めされる事となりました。

カーター米大統領とブレジネフ・ソ連書記長まで巻き込む外交問題にまで発展したこの騒動は(ちなみに、フランス語の ballet には「政治的駆け引き」の意味もあります)、3日後に意外な結末を迎えます。

米政府のネゴシエーターが機内でリュドミラと20分間の会見を行ない、その帰国の意思が堅い事を確認したのです。後に判明したところでは、彼女は病気の母親を祖国に残したまま亡命する事を望まなかったのだとか。

こうしてリュドミラを乗せたアエロフロート機はモスクワへ飛び立ち、以来、彼女とアレクサンドルが再び会うことはありませんでした。

密かにケネディ空港を訪ね、飛行機の窓越しにひと目でも妻の姿を垣間見ようと、土砂降りの中を一晩中滑走路に佇んでいたアレクサンドルは、この結末に泣き崩れたといいます。

「ニューヨークで 反旗を翻す」エトワール夫婦は、何と反旗を、それぞれ別のターゲットに向けて翻していたのですね。夫は祖国に、妻は夫とその亡命先に…。(^^;

歌詞の Stilletos sur plexiglas stridence(スティレット、プレキスグラスに カチン)というのは、実は今でも謎のフレーズなのですが(ご存知の方がおられましたら、ぜひご一報を!)、もしかするとリュドミラが、スティレットシューズ(パンプス)で、プレキシグラス(プラスチック)の国アメリカに蹴りを入れたという意味なのかも知れません。

ちなみに王国であるはずの「シルダビア」が、歌詞ではソ連の暗喩として登場するのは、やはり「東欧」にあるという事と、タンタンの作者エルジェが幾つかの社会主義国家のイメージを統合して、この国を創造していたためではないかと思います。

何たって、国名の Syldavie はルーマニアの「トランシルバニア(Transylvanie)」地方と、ルーマニアに隣接する「モルドバ(Moldavie)」共和国(旧ソ連)の合成、国旗はアルバニア国旗の双頭の鷲をペリカンに変え、背景色を赤から黄色に変えたデザインですからね。


(左: シルダビア国旗、右: 1979 年当時のアルバニア国旗)

さて、この元夫婦のその後はというと、アレクサンドルはアメリカン・バレエ・シアターを経て俳優に転向し、「マネーピット」や「ダイ・ハード」などの映画に出演しますが、1995年に死去。リュドミラはバレエを引退後、アイスダンスの振付師となり 2014 年の現在も現役で活躍しています。

 <3番Bメロの歌詞原文と筆者訳>
 Je reste seule dans la chambre 13
 Un ennui grand comme un living room
 Si je commande un autre lait fraise
 Je verrai Spirou le joli groom
 ひとりで泊まる 13号室
 リビングルーム・サイズの退屈
 イチゴミルクの おかわり頼めば
 綺麗なボーイの スピルーに逢える

Spirou (スピルー) は、これまたベルギーの人気コミックス「スピルーとファンタジオ」の主人公で、フランス語圏では一時期、タンタンのライバル的存在でした。衣装からわかる通り、元々はホテルのベルボーイという設定だったのですが、その後タンタン同様、少年ジャーナリストとして様々な冒険に関わってゆきます。


(左: 「スピルーとファンタジオ」表紙、右: スピルー)

<参考資料>
A Soviet Ballet Star Gains a New Country and Career, but Loses His Troubled Wife(People 誌 1979年9月10日号のアーカイブより)

解説の先頭に戻る

Comix discomix / Lio 解説(2)



訳詞 + 原文を新しいウィンドウで開く

2.「土星の輪っか」と「鏡」について

 <1番Bメロの歌詞原文と筆者訳>
 Les enfants n'aiment pas rester au sol
 Depuis qu'on a marché sur la lune
 Pour ma fête professeur Tournesol
 Offrez-moi un anneau de Saturne
 子どもたちは 地上が嫌いなの
 月世界探検が あって以来ね
 私のパーティーは ビーカー教授
 土星の輪っかを プレゼントして

On a marché sur la lune(直訳:月の上を歩いた) は、「タンタンの冒険」シリーズ 17 作目のタイトル。日本では「月世界探検」として出版されています。


(左: 「On a marché sur la lune」表紙、右: 日本語版「月世界探検」)

これは前作 Objectif lune(日本版「めざすは月」) の続編で、文字通りタンタンが月を探検する話です。彼が乗る原子力ロケットを発明したのが、歌詞にも登場するちょっと変人の天才科学者、Professeur Tournesol。直訳は「ヒマワリ教授」ですが、日本版では何故かビーカー教授になっています。


(ビーカー教授)

それでは、ヒロインは何故、土星の輪っかをビーカー教授にせがんでいるのでしょう?

それは当時、NASA(アメリカ航空宇宙局) が行なっていたボイジャー計画のためです。この計画は太陽系の外惑星および太陽系外の探査を目的としていて、そのために 1977 年に無人惑星探査機ボイジャー1号と 2号が打ち上げられました。

そして、Comix discomix の歌詞が書かれたと思われる1979年~1980年の状況がどうだったかと言うと、1979年3月5日にボイジャー1号が、続いて1979年7月9日にボイジャー2号が、それぞれ木星を通過し、次の目的地の土星へと向かっているところだったのです。ボイジャー1号は1980年11月12日に、ボイジャー2号は1981年8月25日に、土星に最接近しました。


(左: ボイジャー1号、右: ボイジャー2号)


(左: ボイジャー1号が撮影した土星の写真、右: ボイジャー2号が撮影した木星の写真)

 <2番Aメロの歌詞原文と筆者訳>
 Au fond d'un verre Captaine Haddock
 Et moi dans un miroir enneigé
 Une larme de whisky et coke en stock
 Nous pratiquons l'art d'être légers
 ハドック船長の グラスの底と
 白く粉引く 私の鏡に
 ちょっぴり ウィスキー・コーク・アン・ストック
 ふたりはフワフワ 実践中なの


(ハドック船長)

Captaine Haddock(ハドック船長) は、タンタンの友人のひとり。愛すべき大酒飲みで、ウィスキーには目がありません。

一方、Coke en stock はシリーズ19作目のタイトルで、直訳は「コークス在庫あり」ですが、歌詞ではもちろん、カクテルのウィスキー・コークにひっかけています。

残念ながら、日本語版では「紅海のサメ」という、原題とは似ても似つかぬタイトルになっているため、拙訳では「コーク・アン・ストック」と原題をカタカナ表記するに留めました。まさか、「コークハイのサメ」とするわけにも行きませんし…。いや、ちょっと一瞬考えたかも?(^^;)


(左: 「Coke en stock」表紙、右: 日本語版「紅海のサメ」)

では、ヒロイン「私」の mirroir enneigé(直訳:雪をかぶった鏡)とは、一体何でしょう? Nous pratiquons l'art d'être légers(直訳:私たちは軽くなる技術を実践する)とありますから、どうやらアルコール同様、気分をハイにしてくれる物に関連するようですね…。

はい、正解は別の「コーク」、つまりコカインの吸引方法を暗示していたのでした。実は1970年代後半はコカイン・ブームと呼ばれ、それまでドラッグの主流だったマリファナが、コカインに取って代わられた時代だったのです。

そしてコカインの吸引は、鏡の上に粉末(白いため、スノーと呼ばれます)を線状に置き、鼻腔からストローで一気に吸い込むのが一般的でした。「雪をかぶった鏡」とは、何と鏡の上に置いたコカインの白い粉末を、雪に見立てていたのですね…。(^^;;


(鏡を使ったコカイン吸引の例)

参考資料:
「民主化」「自由経済」とともに世界を汚染する麻薬問題

解説の続きへ 解説の先頭に戻る

Comix discomix / Lio 解説(1)



訳詞 + 原文を新しいウィンドウで開く

1.「コミックス」と「ディスコ・ミックス」について

 <3番Aメロの歌詞原文と筆者訳>
 Tintin ne me regarde même pas
 Moi je lui fais de l'oeil et du pied
 Mais j'ai compris je n'insiste pas
 Ce garçon a un coeur de papier
 タンタン、私に 見向きもしない
 こっちは あの手でこの手なのにね
 だけどわかったわ もうやめにする
 あの子の心は 紙の薄さよ

リオのファースト・アルバム「LIO」(1980)の3曲目に収録されている本作は、ベルギーの漫画家エルジェの人気コミックス、「タンタンの冒険」シリーズがモチーフ。歌詞には同シリーズの作品タイトルや登場人物の名前が、いくつも登場します。


(タンタン)

ただし、100% タンタン・ワールドへのオマージュというわけではありません。歌詞には実は、もうひとつの仕掛けが施されているのです。

それは、曲が発表された当時、まだ人々の記憶に新しかった、様々な実際の事件を暗示させるキーワードが隠されているということ。日本では、1978年に大ヒットしたピンク・レディーの「透明人間」が同じ手法を取っていましたっけ。


(ピンク・レディー「透明人間」。歌詞は、こちら)

超能力者ユリ・ゲラーがTV番組で念力によるスプーン曲げを披露して火のついた「念力ブーム(1974年)」や、映画「エクソシスト(1973年。日本公開は1974年)」で有名になったポルターガイスト現象を、「すべては透明人間なのです」と結論づけてしまう強引な歌詞に、当時のリスナーは、「なるほどね!」とニヤリとしたり、「おいおい!」とツッコミを入れたりしていたものです。いわゆる "くすぐり" の趣向ですね。

Comix discomix の場合は、「透明人間」よりさらにヒネリが効いていて、タイトルが掛詞になっています。comix は co(「一緒に」を意味する接頭辞) + mix(混ぜること)で「ごちゃまぜ」、discomix は dis(「否定」を表す接頭辞) + comix で「非コミックス」というニュアンスを、それぞれ響かせているのですよ。要するに、このタイトルは「この歌は、コミックス(タンタン・ワールド)と非コミックス(現実世界)をゴチャマゼにしました」っていう宣言なのでした。

ところが、この手の歌詞には問題があって、時代が下るとキーワードが何のことだか、さっぱりわからなくなってしまうのです。それどころか、それがキーワードだという事にすら気づかない人も増えてしまう。「透明人間」で言えば、「天下無敵のチャンピオン / 突然ダウンを食ったのも」という下りがそれですね。

これは、1975年3月24日のプロボクシング・ヘビー級タイトルマッチで、当時無敵と言われたチャンピオンのモハメド・アリが、無名の挑戦者チャック・ウェプナーからダウンを奪われたことを踏まえているのですけれど、リリースから 30 年以上が経過した今、それを即座に指摘できる人が、何人いるでしょう?

…と、いう事で、今回の訳詞には、非常に時間がかかりました(苦笑)。

 <1番Aメロの歌詞原文と筆者訳>
 Je ris quand au pays de l'or noir
 Docteur Muller et l'Ayatollah
 Règlent leur comptes en pétrodollars
 Moi je carbure au Coca Cola
 笑っちゃうのは 燃える水の国
 ドクター・ミュラーも あのアヤトラも
 オイルダラーで 借りを返すのよ
 私、コカ・コーラで エンジンかけよう

Au pays de l'or noir(直訳: 黒い黄金の国で) は、「タンタンの冒険」シリーズ 15 作目のタイトル。日本版では「燃える水の国」と訳されています(「黒い黄金」も「燃える水」も、石油の異名です)。


(左: 「Au pays de l'or noir」表紙、右: 日本語版「燃える水の国」)

この作品は、中東の架空の産油国ケメド産のガソリンが爆発する事件が多発し、その謎をタンタンが探るお話です。この事件に裏で関与していたのがドクター・ミュラーという悪役キャラクターでした。


(ドクター・ミュラー)

「オイルダラーで借りを返す」というのは、かつてシリーズ7作目の L'île noire(直訳: 黒い島。日本語版タイトルは「黒い島のひみつ」) で偽札造りの組織をタンタンに壊滅させられた彼が、ガソリン爆発事件でケメドの石油価格を暴落させたことを示しています。

それでは、l'Ayatollah(あのアヤトラ)というのは一体誰でしょう?「アヤトラ」はシーア派イスラム法学者の称号ですが、1980年当時、この名前で呼ばれた人物はひとりしかいません。1979 年 2 月~ 4 月に起きた、イラン革命の立役者、ルーホッラー・ホメイニ師です。

それまでのイランでは、モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー国王が独裁的な西欧化政策を行なっていました。これに反対したホメイニ師は、亡命先のフランスから反体制運動を扇動して国王とその一家を追放し、遂にイラン・イスラム共和国の樹立を宣言して、国家元首に就任します。これがイラン革命です。


(左: ルーホッラー・ホメイニ師、右: モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー国王)

そしてこの革命によってイランでの石油生産が中断した事で、原油の価格が高騰し、第二次オイルショックが起きるのです。なるほど、現実世界の「オイルダラーで借りを返す」は、この原油価格高騰を指していたのですね。

解説の続きへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。